e

理由は分かりませんが、放射性物質を誤ってポケットに入れていた男性の経過記録がありました。

 

f

最初は一番近くの皮膚に大きな水膨れのようなものができています。

 

g

しかしだんだんと壊死が広がっていきます。この後足を切断することに。

事故から約2年ほどで男性は死亡したそうです。

放射能をいたずらに怖がるのもいけませんが、正しい知識を持ち、

危険性を理解することは大事そうですね。

ご興味がある方はこちらからご覧ください。 ↓ ↓

 

新規コメントの書き込み